家出少女の行動とは?

家出少女が家出の決行を決めた時、前もって用意をしていたというケース以外は、家出をするのに必要なお金を持っていない子がたくさんいます。
そういった彼女たちがまずとる行動は、親戚の家や友達の家に行って、これからのことをどのようにするか思考を巡らすことです。
尋ねた先で金銭が入手できれば、ネカフェ等へ立ち寄るのがよくみられる行動のようです。
そして携帯電話を持っている女の子であれば、携帯電話を使って相談に乗ってくれる人を見つけるのも、よくみられる行動です。
ただし、お金を持っているわけではないので泊まる様な事は無理なようです。
そして、野宿する勇気もないので、中学生ができる家出は、1・2日で終わる「プチ家出」になる事が大半のようです。

高校生の女の子だと、大学生や社会人とのパイプができているか、友人を仲介してパイプを作り、これからのことについて話に乗ってもらったりします。
そして、バイトなどをしている場合、家出に使えるお金は中学生よりも多く使う事ができるため、ネカフェ等を利用して、それなりに長期間家出することができるみたいです。

10代後半から20代にかけての女性の場合、ネカフェや携帯電話を使ってlineや登録不要の掲示板で探し、家出を続けるためのパイプを、自分で探す場合が大半のようです。

20代半ば以降のケースだと、金銭的に余裕が出てくるため(貯金がある等)、ネカフェやビジホに宿泊するなど、長い間の家出をすることができるようになります。

どの世代にも共通する事なのですが、生活費が無かったり泊まる所を見つけるなど、ネットを利用して話を聞いてくれる相手を見つけることをするようになるようです。